【大阪府臨床心理士会】ひきこもり予防と初期対応 ~思春期支援から始まる予防の視点~【感想】

2018年12月03日(月)

代表岡崎が2018年12月2日「2018 年度 大阪府臨床心理士会 合同研修会」、「≪G≫ ひきこもり予防と初期対応 ~思春期支援から始まる予防の視点~」にて話題提供をさせていただきました。

日々、カウンセリングにおいてひきこもり者やそのご家族を対応している中で「あの時にこういう支援があれば」と思ったり、「あの時こういう心理療法を受けていれば・治療を受けていれば」と言った声を聴くことは決して稀ではありません。

そして,今回はひきこもりの予防と初期対応を考える話題として,精神科臨床サービス 第18巻04号「カウンセリングを届ける:新しい心理士の役割と可能性(http://www.seiwa-pb.co.jp/search/bo01/bo0110/index.html)」の中でも取り上げた1事例を発表させていただきました。

数百人を超えるフロア参加者の方にどのように私の発表が届いたのかはアンケート結果を見ないとわかりませんが,個別で感想をたくさんの方からいただき,また講師の斎藤環先生からも講評をいただき、新たな示唆も得られました。

「ひきこもり」は状態像であることから、さまざまな人がその範疇に入ります。私は基本的に「孤独」がキーワードであり、再度社会とつながることが必要だと思っています。(つながりたいと思った時に)

参加されていた方もスクールカウンセラーをはじめ,NPO,教員,福祉など幅広く参加していただき誠にありがとうございました。その多くは斎藤環先生の発表を見に来られたと思いますが,最低限,会の目的を達成するための話題提供は出来たかなっと思っております。人の多さに珍しく緊張しましたが。

このような貴重な機会をありがとうございました。
参加者の一助になれば幸いです。

今年度は後2つ講師として講演会を行う予定です。すでにHPにあります伊丹市,来年1月には三田市でお話させていただく予定です。講師の受け付けは随時行っております。詳しくはHPからお申し込みください。

HP:メンタルワークス大阪

今回の研修情報
内閣府の調査による 15 歳~39 歳までの広義の「ひきこもり」は、約 54 万人と推計され、
当事者の高齢化も 8050(80 代の親、50 代の子)問題として実態調査がはじまるなど大きな
社会問題となっています。思春期支援に関わる臨床心理士は、不登校の延長線上に社会的ひきこもりがあることにも目を向け、相談活動を行う必要性を感じています。本研修では、はじめに社会的ひきこもりについて第一人者である斎藤環先生から支援に必要な知識やポイント等についてお話しいただきます。次に、ひきこもり支援を中心に活動さ
れている岡崎剛先生に話題提供をいただき、我々が当事者の立ち直りにできることは何かを考えていきたいと思います。

企 画: 教育部会
講 師: 斎藤 環(筑波大学大学院 医師)
話題提供: 岡崎 剛(メンタルワークス大阪)
司 会: 岡田信吾(大阪府立高校スクールカウンセラー)

【兵庫】ひきこもり状態の当事者へ家族ができることは?-CRAFTプログラム「実践編」【伊丹市】

2018年11月29日(木)

代表岡崎が以下の日程で講演会を行います。

平成30年度兵庫ひきこもり相談支援センター 阪神ブランチ 地域相談会
ひきこもり状態の当事者へ家族ができることは?-CRAFTプログラム「実践編」

厚生労働省のガイドラインでひきこもりの家族支援として取り上げられているCRAFTプログラム。それを活かした当事者への関わり方についての講演を実施します。
はじめての受講の方でも十分ご理解いただける内容となっております。
主催:認定NPO法人宝塚NPOセンター

【日時】平成30年12月15日(土曜日)午後1時受付開始
講演会:午後1時30分から4時
講演会終了後、個別相談開始

【会場】伊丹市立労働福祉会館・青少年センター スワンホール 3階 多目的ホール

【講師】臨床心理士 岡崎剛 氏(メンタルワークス大阪、三家クリニック、なんば・ながたクリニック)

【対象】不登校・ひきこもりに関する問題でお悩みのご家族・支援者

【定員】講演会:80名(予約優先・当日の参加可)、個別相談会:定員3名(予約制)

【申込】お申し込み、問い合わせは、認定NPO法人宝塚NPOセンターまでお願いします。
電話もしくはファクスでお申し込みください。(名前・電話番号・住所。添付ファイルにフォーマットがございます。)
電話:0797-96-0552
ファクス:0797-85-7799

平成30年度兵庫ひきこもり相談支援センター阪神ブランチ 地域相談会(実践編) (PDF 2.4MB)
↑新しいウィンドウで開きます

【大阪府】家族だからこそできるヤル気スイッチの押し方~こどもの自立のために~報告【コネクションズおおさか】

2018年11月18日(日)

代表岡崎が2018年11日17に主催「大阪市」にて「家族だからこそできるヤル気スイッチの押し方~こどもの自立のために~」の講演会の講師を務めました。

多くの保護者の方に参加していただきました。内容的には,ひきこもり概念,社交不安症,家族対応,やる気スイッチを押し方と切り方と,これまでお話してきたことに加えて,どのように変化を起こせるのかについてお話させていただきました

講演会でも触れましたが,どうしても講演会では個別性を排除して一般的なお話になってしまいますが,個別の事情に配慮した対応を考えるためには,メンタルワークス大阪でなくても構いませんので,相談に出向いて行かれることをお勧めします。参加された皆様の一助になれば幸いです。

地域若者サポートステーション:http://saposute-net.mhlw.go.jp/
コネクションズおおさか:https://www.sodateage.net/yss/osaka/
ひきこもり地域支援センター:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000180269.pdf
メンタルワークス大阪:https://www.mental-works.net/